登録販売者の仕事内容

登録販売者の求人募集

2006年の薬事法改正によって、新たに登録販売者制度が設けられました。薬事法では、医薬品の販売を行うドラッグストアや薬局などの店舗には、薬剤師を置くことを義務付けられています。しかしこの新たな制度では、第二類と第三類の医薬品に限って、薬剤師の代わりに登録販売者を置くことで、販売ができる様になりました。この制度が始まったことで、それまでは医薬品を取り扱うことができなかったコンビニエンスストアやスーパーにおいても医薬品を販売するようになり、消費者の利便性は飛躍的に向上しました。一方で薬剤師から見れば、職域が侵されたということは事実です。

 

薬局などで処方箋なしで購入できるいわゆる一般用医薬品は、副作用にリスクの度合いによって、第一類、第二類、第三類に分けられています。一番リスクが高いのが第一類です。そしてその第一類の医薬品については、現在でも、販売時に薬剤師による説明の義務が科せられています。したがって販売登録者は、第一類の医薬品を単独で販売することができません。ドラッグストア自体が営業していても、夜間などには、このお薬は今の時間は販売出来ませんという表示を見たとこがある人も多いと思いますが、それはこれが理由なのです。しかし一般用医薬品の中で第一類医薬品が占める割合は、全体の約5%と非常に少ないのが現状です。つまりそれ以外の95%の一般用医薬品については、薬剤師が不在であっても、登録販売者がいれば販売ができるようになっています。また一定以上の経験をもった登録販売者がいれば、第一類の一般用医薬品を取り扱わない、いわゆるドラッグストアであれば、開設することもできます。

 

ドラッグストアを始めとする一般用医薬品を取り扱う店舗では、薬剤師よりも登録販売者を積極的に活用しているところが増えています。それは薬剤師よりも人件費が安く済むからです。しかしドラッグストアなどに対する薬剤師の就業率が劇的に落ちたのかと言えば、そうでもありません。それは新たな法律で、従来一般用医薬品を取り扱うことができなかったところが、取り扱いをできるようになっただけだからです。ただし、従来複数の薬剤師を雇っていた店舗が、その一部を登録販売者に切り替えているという傾向はあります。

 

これまで述べたように、第一類医薬品の取り扱いには、薬剤師が必ず必要であり、また店舗全体を管理する管理薬剤師の仕事も、その名前の通り薬剤師しかできない仕事です。つまりは、以前は薬剤師でなくても構わない仕事を、薬剤師が行なっていただけなのです。薬剤師としての仕事は、現在も変わらずに薬剤師しかできませんので、薬剤師としてのスキルアップを怠らないことが必要です。

薬剤師サイトおすすめランキング




登録販売者として働く/薬剤師パート募集関連ページ

クリニックで働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
製薬会社で働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
調剤薬局で働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
病院で働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
ドラッグストアで働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
漢方薬剤師の仕事
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
土日休みの仕事
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。