製薬会社で働く薬剤師さんとは

製薬会社の求人について

薬剤師の仕事というのは、何も薬の調剤などだけではなく、様々な活躍の場があります。例えば、化学薬品を扱うメーカーや化粧品製造販売メーカーはもちろんの事、医薬品の研究機関、さらには麻薬取締官や厚生労働省に勤務する薬剤師もおり、活躍の場は広いのです。

 

中には、新薬開発には欠かせない存在となっている治験コーディネータ、さらには、薬品の知識を活かして、ライターやコンサルタントというような本職とは別の仕事をしている薬剤師もいますが、多くの薬剤師というのは、調剤薬局・病院・ドラックストアや製薬会社に勤務している場合が多いのです。

 

製薬会社に就職した薬剤師は、すべてが薬の開発を行うというわけではありません。研究職以外にも、MR、薬事、DIといった仕事があり、この中から選択する事になります。ですが、やはり薬剤師として資格を持っている以上、研究職という物にあこがれがあるかと思いますが、実際に求人状況を見てみると、研究職の求人というのは非常に少なく、さらには、修士・博士レベルの学位がなくてはならない程に高い知識とスキルが要求されており、学部卒の薬剤師にとっては、狭き門と言わざる負えません。研究職にと考えるのであれば、最低でも大学院を卒業する必要があります。

 

製薬会社の仕事の中に、薬事という物があります。この仕事というのは、医薬品の許認可申請書の制作や、新薬の添付文書などの重要な文書作成、さらには、行政対応や治験に関しての業務を行っています。その為、薬の知識以外にも、薬事法や薬剤師法などの知識も求められ、薬事という仕事についても、高い知識と学歴を要します。

 

次にMRという仕事についてですが、製薬会社の中で最も多くの人が従事するのがMRと呼ばれる職種です。
MRというのはいわゆる営業職であり、医療機関に訪問して、自社で製造販売している薬についての効果や副作用などについての医薬品の情報を提供するという業務です。

 

その為、MRについては薬剤師の資格というのが必ずしもひつようではありませんが、薬について医師に直接説明する訳ですから、薬の知識を持っている方が有利な仕事と言えます。また、MRは営業職ですので、やはりお給料面についてはかなり高く設定されています。とある大きな製薬会社の30代のMRの年収というと、600万円前後と言われており、30代後半ともなれば、年収1000万円も見込めるほど、NRは高収入というのが特徴です。

 

製薬会社の仕事の中で、最近多くなってきているのがDIと呼ばれる仕事です。このDIという仕事は、医薬品情報管理業務という仕事です。医薬品の情報というのは日々更新されていきます。例えば、医薬品の安全性についてや薬に添付されている文書の改訂情報など、日々更新されていきますので、それらの情報を集め、評価・整理するという仕事なのです。

 

また、お薬の事で相談を受けたり、対応をしたいるする製薬会社のコールセンター業務もこなしています。

薬剤師サイトおすすめランキング




製薬会社で働く/薬剤師パート募集関連ページ

クリニックで働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
調剤薬局で働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
病院で働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
ドラッグストアで働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
漢方薬剤師の仕事
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
登録販売者の仕事
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
土日休みの仕事
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。