病院で働く薬剤師のお仕事

病院の求人募集について

病院に勤務する薬剤師の仕事内容は、非常に多様です。一般的に考えられる仕事は、まず調剤でしょう。医師の処方箋に従って患者の病気や体の状態に応じ、薬を作る作業です。他には、薬について患者に説明を行う服薬指導という業務もあります。薬の飲み方、副作用、薬の効果、服薬時の注意点など、様々な情報を薬剤師は患者に適切に伝える必要があります。さらに、病院内で扱う医薬品の管理や、医薬品の品質試験も行います。治療に用いる注射剤や点眼薬や軟膏剤などを、患者に合わせて調整する仕事も行います。これは製剤と呼ばれます。また、院内感染対策の検討や実行、医薬品による事故防止対策の徹底、医師に対して薬について説明しアドバイスを行うなど、多くの業務が病院薬剤師の仕事に含まれています。

 

入院患者がいる病院の薬剤師は、看護師などと同じく、夜勤や当直も行います。またオンコールでの呼び出しもあり、緊急時にも対応しなければなりません。夜勤や当直は、ほぼ1日につき1人が担当します。この時、薬剤師は医薬品の管理や薬の調剤などの業務のすべてを一人でこなします。このため、この仕事は責任も重く、体力も必要とされます。病院薬剤師は全体にハードな仕事ですが、薬剤師としての年収はさほど高くありません。年収は350万から500万円程度で、病院以外に勤務している薬剤師の平均年収を下回ることもあります。

 

それでも病院薬剤師は人気の高い仕事です。病院には薬剤師としてスキルアップするための基盤があり、その機会が多く得られるためです。薬剤師としてのスペシャリスト性やキャリアを磨くことができますし、医療の現場に直接触れることによって、臨床経験を積むこともできます。勉強会や研修会も行われるため、薬剤師として知識と専門スキルをより深める機会もあります。医者や看護師をはじめとする多くの病院スタッフと協力し、働くことで、薬以外の知識を身に着けることもできます。これらは病院薬剤師の待遇面のマイナス要素を補う価値が十分にあるのです。また、病院薬剤師の経験は、調剤薬局や、薬を扱う企業の研究所などで歓迎されるキャリアです。そのため、病院での経験は転職に役立ちます。さらに、キャリアアップにも優位に働くというメリットも持っています。

 

病院薬剤師は人気職であり、求人が少ないとされます。求人は確かにありますが、ネットや転職情報誌などで条件の良い職場を見つけることは難しいでしょう。病院薬剤師の求人は非公開扱いとなっていることもあるのです。病院薬剤師として転職先を探すときは、病院や医療機関とつながりが強い転職サイトを利用するとよいでしょう。こうしたサイトは全国の希少な病院の求人募集情報を持っているので、好条件の転職先を探すことが可能です。

薬剤師サイトおすすめランキング




病院で働く/薬剤師パート募集関連ページ

クリニックで働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
製薬会社で働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
調剤薬局で働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
ドラッグストアで働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
漢方薬剤師の仕事
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
登録販売者の仕事
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
土日休みの仕事
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。