ドラッグストアで働く薬剤師の仕事について

ドラッグストアの求人募集

薬剤師の仕事は、薬を通して健康を守ることでもあります。薬の調剤や製剤、医薬品の補給や管理など専門性が高く、社会的な役割も大きい仕事といえます。そねため、活躍の場は多く、その職場は病院や調剤薬局だけではありません。製薬会社、医薬品の卸業者、ドラッグストア、臨床や化学品の研究機関、治験会社など非常に多様です。また、薬剤師は公務員として厚生労働省や行政機関に勤務することもあります。その多くの職場の中でも、ドラッグストアは薬剤師が働く主要な職場の1つです。

 

現在、病院と調剤薬局の分業は一般的となりました。特に地方では、地域医療の一端を担う大切な存在として、ドラッグストアの役割は広がり大きくなりつつあります。ドラッグストアの薬剤師は、薬に関する顧客の相談を受ける人材であり、症状に合わせて薬を選んでくれる大切な存在です。ドラッグストア勤務の薬剤師は、適切な薬を顧客に紹介する役割があり、ときには顧客に対して病院への受診を勧めることもあります。このため、ドラッグストアの薬剤師には、顧客との会話スキルも必要とされます。

 

ドラッグストアの薬剤師の主な仕事は、薬についての相談に応じることとなります。薬を求める顧客の症状や具合、アレルギーの有無などを把握し、その顧客に最適な薬を紹介しなければなりません。また、正しい薬の服用法を、わかりやすく説明することも必要な仕事となります。医薬品を安全に正しく使ってもらうためにも、顧客とのコミュニケーションは大切です。薬についての専門スキルをしっかりと活用し、顧客に信用される存在となって健康へと導くことが、ドラッグストアで働く薬剤師の重要な仕事なのです。

 

ドラッグストアの薬剤師には、医薬品の保管や品質管理・医薬品の陳列・取り扱っている薬の管理帳簿の確認作業など、様々な業務内容があります。医薬品の陳列には法律による規定があるため、薬剤師の責務となります。また、ドラッグストアの経営にも関わらなければなりません。接客やレジ業務などの顧客への対応、商品の在庫確認と発注業務、ポスターやチラシの作成も仕事内容に含まれます。また、お菓子などの食品や日用品のような、医薬品以外の品出しと管理も行うことがあります。店長や管理薬剤師となると、店の会議に出席することもあります。また、店内スタッフの勤務内容のチェックや管理、売上金の確認業務、クレーム対応もこなさなければなりません。

 

ドラッグストアは、薬を通して人と向き合って働く職場です。ドラッグストアの薬剤師の年収は500万から700万円と高収入であり、安定性があることが特徴となっています。

薬剤師サイトおすすめランキング




ドラッグストアで働く薬剤師/薬剤師パート募集関連ページ

クリニックで働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
製薬会社で働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
調剤薬局で働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
病院で働く
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
漢方薬剤師の仕事
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
登録販売者の仕事
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。
土日休みの仕事
正社員となって働くには、時間がない。そんな薬剤師さんの希望に合ったパートやアルバイトの仕事探しを応援します。