調剤薬局、クリニック働く場所の選び方

薬剤師転職の3大条件

薬剤師は看護師と同じように、比較的女性が多い職業です。女性の場合には、特に結婚後に、家事や出産、そして育児などと並行して働きたいと希望する人が多くなります。その条件を満たすとなるとパートやアルバイトでの勤務が一般的になりますが、薬剤師の場合には、パートやアルバイトでも比較的良い時給が得られることや、仕事先を見つけやすいというメリットがあります。一般の女性の場合には、何かしらの資格を持っていても、パートやアルバイトとなると結局はスーパーなどで安い時給で働くケースが多くなることに比べると、とてもよい状況だと言えます。

 

パートやアルバイトで勤務するとなると、比較的時間的な融通もききますから、育児をしながらでも勤務することが可能になります。また大手のチェーン店などの勤務であっても、転勤などの心配がないことも大きなメリットです。結婚前や育児中でなくても、融通がきいて、プライベートを重視するのであれば、薬剤師資格を利用したパートやアルバイト勤務がおすすめです。

 

■給与水準
薬剤師に限らず、転職の際に大きなポイントとなるのが、給与に関することです。薬剤師は専門的な仕事ですので、業種が同じであれば、その仕事内容は大きくは変わりません。薬局の規模や立地、そして働いている人の人数などで、若干の違いはありますが、薬を調剤して、患者に対して服薬指導を行うなどの基本的な業務は変わりませんから、同じ職場での給与にあまり差がつきにくいという現状があります。

 

そして何と比較するかにもよりますが、薬剤師は専門的な職業である割には、他の専門職に比較して、全体的な給与水準が高くないことも事実です。特に年齢が上がってくるとその傾向が顕著になるため、給与アップを望んで転職を考える人が多くなる傾向があります。実際に薬剤師専門のエージェントによれば、転職の相談にくるほとんどの人が給与アップを望んでいることを直接的、あるいは間接的に告げるそうです。しかしこれは、薬剤師に限ったことではありません。一般の人の転職でも、ほとんどの人は給与を含めた条件アップを望んでいます。逆にいうと条件が下がっても転職したいという人は稀です。

 

そして薬剤師に限ったことではありませんが、転職するときに気をつけたい事の一つに、入社時の給与以外に、その先の昇給に関する部分があります。その企業の考え方によりますが、最初の給与を高めに設定して、その後の昇給を少なくしている企業は多くあります。若くて元気なうちにはしっかりと働いてもらって、ある程度の年齢になったら、一部の幹部候補以外の給与は抑えて、効率的な経営をしているのです。このような給与体系はチェーン店系に多く見られますので、長く働こうと思うのならば転職を決める前にチェックが必要です。

 

■仕事内容
薬剤師の仕事は、専門職になります。そして専門職として必要なことは、常にそのスキルを磨いていくことです。どのような専門職であっても、その時点でのレベルに満足してしまっては、専門家としてそれ以上のレベルアップは望めません。それは薬剤師であっても同じです。しかも医療業界の技術は日進月歩で、常に新しい情報が出ていますので、それに対応し続けなければなりません。しかし薬剤師の現場の仕事は一般的にとても忙しく、スキルアップの機会もあまり多くないのが現実です。

 

しかし薬剤師としての専門的な仕事を続けたいと考えるのならば、そんな中でもしっかりとしたキャリアパスを組み立てていくことが必要になります。大病院の薬局などで働いていれば取り扱う薬の種類も多く、またその分野も多岐に渡り、比較的新しい薬を取り扱うことも多くなりますから、仕事を通して自然とスキルアップすることもあります。しかし町のクリニックの門前薬局などで毎日の仕事におわれて、調剤と服薬指導のみを続けていれば、気がつけば普段調剤している薬のみの知識しかなく、最新の情報はほとんど知らないという状態になってしまいます。

 

薬剤師として長く活躍したいと望むのなら、転職エージェントなどのキャリアアドバイザーに相談して、しっかりとしたキャリアパスを描き、それに適した職場で働くことが重要です。また転職をする際にも、求人票には細かい業務内容まで記されていないことがほとんどです。その求人では、どのような人材を求めているのかを詳しく知ることにも、転職エージェントは強い味方になります。エージェントは、求人内容だけでなく、その企業全体の実情や仕事の進め方などの多くの情報を持っています。それらを上手く活用するのが、転職を成功させる秘訣になります。

薬剤師職場別求人情報/薬剤師パート募集記事一覧

クリニックで働く/薬剤師パート募集

クリニックというのは、医療法によって、患者さんの収容人数を19人以下もしくは、収容施設を設けていない医療機関の事を言います。病院というのは、様々な条件でもって区分されており、例えば、診療科目を見たときに、内科・外科・眼科・産婦人科・耳鼻科などを含んでおりなおかつ100人以上の患者さんを収容できる施設...

≫続きを読む

製薬会社で働く/薬剤師パート募集

薬剤師の仕事というのは、何も薬の調剤などだけではなく、様々な活躍の場があります。例えば、化学薬品を扱うメーカーや化粧品製造販売メーカーはもちろんの事、医薬品の研究機関、さらには麻薬取締官や厚生労働省に勤務する薬剤師もおり、活躍の場は広いのです。中には、新薬開発には欠かせない存在となっている治験コーデ...

≫続きを読む

調剤薬局で働く/薬剤師パート募集

薬剤師の仕事場として、もっとも一般的なのだ調剤薬局でしょう。薬剤師のスキルや資格を活かすことができる仕事は数多くありますが、全国に約25万人の薬剤師のうち、その半数は調剤薬局に勤務しています。調剤薬局では、医師が発行した処方箋をもとに薬を調剤して、患者にその薬を提供します。以前は大きな病院だけではく...

≫続きを読む

病院で働く/薬剤師パート募集

病院に勤務する薬剤師の仕事内容は、非常に多様です。一般的に考えられる仕事は、まず調剤でしょう。医師の処方箋に従って患者の病気や体の状態に応じ、薬を作る作業です。他には、薬について患者に説明を行う服薬指導という業務もあります。薬の飲み方、副作用、薬の効果、服薬時の注意点など、様々な情報を薬剤師は患者に...

≫続きを読む

ドラッグストアで働く薬剤師/薬剤師パート募集

薬剤師の仕事は、薬を通して健康を守ることでもあります。薬の調剤や製剤、医薬品の補給や管理など専門性が高く、社会的な役割も大きい仕事といえます。そねため、活躍の場は多く、その職場は病院や調剤薬局だけではありません。製薬会社、医薬品の卸業者、ドラッグストア、臨床や化学品の研究機関、治験会社など非常に多様...

≫続きを読む

漢方薬剤師として働く/薬剤師パート募集

薬剤師は、薬の専門家です。薬の専門家として病院や調剤薬局に勤務して、医師が発行した処方箋に基づいて、薬を調剤して患者に提供します。また薬を提供するだけでなく、その薬の効果や安全性、飲み方、副作用などの情報を患者に提供するのが、薬剤師の大切な仕事です。それ以外にも、お薬手帳などを活用した薬歴管理も行う...

≫続きを読む

登録販売者として働く/薬剤師パート募集

2006年の薬事法改正によって、新たに登録販売者制度が設けられました。薬事法では、医薬品の販売を行うドラッグストアや薬局などの店舗には、薬剤師を置くことを義務付けられています。しかしこの新たな制度では、第二類と第三類の医薬品に限って、薬剤師の代わりに登録販売者を置くことで、販売ができる様になりました...

≫続きを読む

土日休みの仕事/薬剤師パート募集

入院病棟を備える病院や、救急医療を受け付けている医療機関では、その業務は24時間続きます。したがって夜勤や当直、あるいは土日祝休日の勤務を含んだシフトで働くことになります。ゴールデンウィークやお盆、そして正月などの連休中であっても、勤務になる可能性は高く存在します。そしてその勤務は、医師や看護師と共...

≫続きを読む

薬剤師サイトおすすめランキング