製薬業界を取り巻く現状について

製薬業界の現状はかなりデンジャラス

現在の製薬企業の数は2000年前と比べて3分の1足らずに激減している事実をご存知ですか?
当時は1400社ほどあったのですが、その頃から業界で吸収・合併などと言った再編が急激に繰り返された事によって、現在では380社を切っているほどになっています。
10年ほど前から現在も存続出来ている製薬会社は武田製薬、エーザイ、塩野義製薬くらいになり多くの企業は別会社になり名前を消してしまっています。

 

例えば山之内製薬、三共、田辺製薬、大日本製薬などは皆さんもご存じと思われますが、アステラス製薬、第一三共、田辺三菱製薬、大日本住友製薬のように、吸収や合併をして名前を変えています。これは日本の企業のみならず外資においてもワーナーランバートやファルマシア等を次々と買収したファイザーが世界第一のメガファーマになっていますが、その他でも大型合併の事例は沢山あり、外資企業のM&Aによる巨大化の恐怖は、日本企業を強く圧迫してきた事により国内大手製薬企業の合併化と言う現状まで引き起こしています。

 

大手がこの様な動きをする事が中小医薬品メーカーにも波紋を寄せる事になり減少し始めて、製薬業界が巨大企業と一部のベンチャー企業の独壇場の様な形になってきています。

 

・2010年問題が原因
大きな問題として医薬業界に戦慄を走らせた事に「2010年問題」があげられます。
この「2010年問題」と言うのは簡単に言えば、欧米で新薬の特許切れによる結果、今までは特許がある事で守られていた新薬の売り上げが、他の企業がジェネリック医薬品の販売が可能になるために、売上がガタ落ちに下がってしまう事が問題に上がりました。

 

そうなるとすぐに次の新薬の開発して供給するか、自らもジェネリック制約を販売する事で対抗せざるを得ない状況になってしまうのです。

 

・ジェネリック医薬品とは…
厚生労働省では国で抱えている医療費の削減に絡んで、ジェネリック医薬品を普及させるために動いています。その成果によりジェネリック医薬品が売り上げの約1/4を占めるまでになりました。
これにより医療費削減の対効果も上がる結果になっていますが、製薬メーカーとしての売り上げは大幅ダウンにつながる事で大ダメージを受けています。ただ逆にジェネリック制約中心にしている企業も再編の途を辿り急速に再編の憂き目を見ている、とても変化の激しい業界になっています。

 

・バイオベンチャーに注目
製薬会社の一番の社会的な役割として考えられているのは新薬の開発になります。
現在では自然界の新しい成分に関しては取りつくされたと言って過言はありませんので、次には研究室により合成してできる化合物を研究して作る事になります。ただ効果の高いと言われている低分子化合物を中心に作られてきましたが、現在では高分子化合物が注目されてきました。この高分子化合物で作られる医薬品の事はバイオ医薬品ともよまれています。抗体医薬品と言うものが現在は主流でみられていて、ガン細胞などの抗原を体から追い出すために、抗体医薬品により体の中に抗体を入れる役目を果たす医薬品になります。

 

従来からある大型の医薬品企業にはバイオ医薬品を開発する技術が無い為に、そう言った高い技術を保持している新興企業が注目を受けて大手による買収行動が活発に行われています。ちなみにこの様なバイオ医薬品を開発する技術を保持している新興企業の事はバイオベンチャーと言い注目されているのが、製薬業界の現状になります。

製薬業界の現状を知ろう/薬剤師パート募集記事一覧

薬剤師の転職について/薬剤師パート募集

ここでは、転職を考えている薬剤師の方に向けて、情報を紹介しています。転職を考えるにあたっては「より自分を活かせる/もっと自分に合った職場で働きたい」「家庭や子育てと両立しやすい職場で働きたい」「今よりお給料のいい職場で働きたい」など様々な理由があることと思います。上手くすれば、こうした希望も転職によ...

≫続きを読む

薬剤師の転職活動の進め方/薬剤師パート募集

就職や転職の求人情報は薬剤師の職種に限らずハローワークで探すのが一般的ですが、インターネットがこれだけ普及した現在では、このインターネットを活用して求人情報を探す方がはるかに便利で効率的です。求人情報を掲載している無料のウェブサイトなどもありますが、人材紹介会社を通じて転職活動をする事でより自分の希...

≫続きを読む

薬剤師転職の転職サイト選び/薬剤師パート募集

転職を希望している薬剤師にとって、薬剤師に特化した専門の転職サイトは強い味方です。薬剤師専門転職サイトに登録する事で、転職活動を効率よく進めることができる第一歩が踏み出せたと思ってもよいでしょう。専門のコンサルタントが、膨大な求人案件から希望の条件に近い求人情報を探し出し、紹介してくれるので、こんな...

≫続きを読む

薬剤師の正社員として働くメリット/薬剤師パート募集

長引く景気の悪化や雇用不安などで、先が見えない不安な経済状況になりつつあります。そんな中、正社員での就職口が多い薬剤師は、希望の持てる職業と言えます。職場は、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などで、選択肢も多いのです。また、ドラッグストアの相次ぐ開店や、人気の上昇などで、薬剤師不足は以前よりさらに...

≫続きを読む

薬剤師の正社員で働くデメリット/薬剤師パート募集

薬剤師が正社員として勤務する場合に考えられる不利な点を考えてみます。あくまで一般的なもので、全ての正社員雇用される薬剤師にあてはまるものではありませんので、応募する企業の実態については予め確認しておくようお願いします。1つ目は転勤の可能性がある事です。薬剤師に限った事ではありませんが、正社員としての...

≫続きを読む

薬剤師のアルバイトのメリット/薬剤師パート募集

女性は結婚や妊娠出産、そして育児を境にライフスタイルを大きく変えなければならない場面が数多くあります。家庭は守りたい、しかし経済的に余裕のある生活を送りたいと考える場合、それらの条件を最もかなえてくれる職種の一つに「薬剤師」があります。この職種は要資格ですが、資格さえあれば結婚後も自分のライフスタイ...

≫続きを読む

薬剤師としてアルバイトで働くデメリット/薬剤師パート募集

薬剤師はその職種から、知的で清潔なイメージがあります。薬剤師のパート・アルバイトをしたいと思っている人の為に、デメリットについて考えてみました。<安定した雇用形態ではないこと>パート・アルバイトという仕事は、雇用の安定に関しては保障がないのが普通です。薬剤師の仕事も例にもれず、パート・アルバイトなら...

≫続きを読む

薬剤師の派遣社員として働くメリット/薬剤師パート募集

薬剤師の資格を持っている方は、薬局や病院に正社員として勤めたり、パートやアルバイトで勤務するという方法もあるかと思いますが、派遣社員として働くという選択肢もあります。「え?派遣なんて自由はきかないし不安定で心配なんだけど。」と思う方もいるかもしれませんが、派遣社員として働くことのメリットは意外と多い...

≫続きを読む

薬剤師の派遣社員で働くデメリット/薬剤師パート募集

薬剤師の派遣社員は少なからずデメリットがあります。デメリットとなる要因には大きく分けて二つあり、一つは契約会社に関係するものともう一つは給料に関するものです。まずは契約会社に関係するものを二つ紹介します。一つ目は契約が更新されるかどうかわからないということです。派遣会社というのは派遣先と派遣契約を交...

≫続きを読む

調剤薬局と製薬会社で活かせるスキル・仕事の違いについて/薬剤師パート募集

一言で薬剤師と言っても、職場によって求められるスキルは違います。ここでは調剤薬局で働く薬剤師と製薬会社で働く薬剤師の仕事の違いについて見てみましょう。■調剤薬局の薬剤師の仕事調剤薬局で働く薬剤師の一般的な仕事は、・医師が発行した処方箋を元に、医薬品などを調剤する・調剤された医薬品について、患者に対し...

≫続きを読む

薬剤師のお給料/薬剤師パート募集

薬剤師の給与がどれくらいかというと、それは携わる業種や業務によって違いがあります。そこで業種別の平均的な初任給の相場を見てみましょう。これらはあくまで一般的なものなので、実際にはその場所などで大きく変わってきます。初めに病院に勤務する場合です。病院勤務の場合、初任給が20万円〜25万円、1年目の年収...

≫続きを読む

薬剤師の再就職について/薬剤師パート募集

薬剤師という職業は非常に安定した職です。薬品に関する知識を膨大に持ち、専門的な職業であり、医者や看護師などと同じように人の健康や病気に関する仕事なので社会貢献という意味では非常にやりがいのある仕事です。特別なスキルを必要とするのでの蚊の企業で働くよりも技術者という面では評価も高く、それにともなってお...

≫続きを読む

薬剤師の転職、円満退職をするには/薬剤師パート募集

薬剤師が転職する理由はさまざまです。中にはもちろん、今の職場に不満がある、働きづらい、具体的にトラブルがある、といった場合もあるのではないかと思います。ケースによっては、あまりやめると言い出しにくい雰囲気がある場合もあります。けれども、立つ鳥あとをにごさずというように、円満に退社をすることは、自分自...

≫続きを読む

薬剤師は、実務経験がなくても高収入が見込める仕事/薬剤師パート募集

薬剤師は、未経験からでも、強みのある資格です。難しい国家試験に合格しなければなることができない技術職ですから、高待遇が望めます。医薬分離が進んで処方箋を扱う薬剤師の需要が高まり、好条件での就職が可能です。現在は、医師から処方を受けた薬を、処方箋を扱う薬局で薬剤師の指導の下購入する形がほとんです。また...

≫続きを読む

薬剤師サイトおすすめランキング